介護が必要な後遺障害の慰謝料|後遺障害・後遺症でお困りの方は弁護士法人心 池袋法律事務所まで

診断書

1 介護が必要な後遺障害とは

交通事故の被害に遭われた方の中には,後遺障害を残してしまう方もいらっしゃいます。

後遺障害とは,症状固定後も残ってしまった事故による症状をいいます。

交通事故の後遺障害には,別表第1と別表第2の二通りの類型があります。

別表第1は,第1級と第2級のいずれかとなります。

別表第2は,第1級から第14級まであります。

別表第1と別表第2の区別は,要介護状態か否かによります。

交通事故の後遺障害は,等級が若い番号であるほど,重いものとされています。

別表第1は,要介護状態にある場合に限られるため,後遺障害の等級も第1級と第2級という重いもののいずれかとなります。

ただし,裁判上は,別表第2であっても要介護状態と認められることもありますし,第3級以下でも要介護状態が認められることもあります。

2 要介護状態の後遺障害の区別と将来介護費

別表第1の第1級と第2級の区別は,常時介護を要するか随時介護で足りるかによります。

別表第1の後遺障害が認定された場合には,一般的に,将来にわたっての介護費用が認められることとなりますが,常時介護を要する場合は,随時介護にとどまる場合と比較して,介護に要する時間が増えるため,認められる介護費用も高額となります。

3 将来介護費用の計算方法

介護費用は,職業付添人か近親者付添人かで差があります。

一般に,職業付添人の場合には,実費全額となります。

近親者付添人の場合には,1日あたり8000円となります。

ただし,具体的看護状況により増減することはあります。

通常,介護期間は,被害者の平均余命となります。

一時金として将来介護費を受け取る場合は,将来の賠償金を現時点で受け取ることとなります。

そのため,将来介護費を計算する際は,先取りの利益を考慮して,介護費用(年額)に対し,症状固定日から平均余命に対応するライプニッツ係数を乗じることとなります。

4 介護が必要な後遺障害の等級と後遺障害慰謝料

先に述べましたが,裁判上は,第3級以下であっても要介護状態を認めることがありますが,基本的には,別表第1の第1級または第2級が介護の必要な後遺障害等級となります。

後遺障害の慰謝料は,交通事故における裁判例がある程度集積されていることもあり,第1級が2800万円,第2級が2370万円とされることが多くなっています。

5 後遺障害における近親者の慰謝料請求

後遺障害の慰謝料は,原則として,事故による被害を被っている被害者自身に限り認められますが,例外的に,被害者が死亡した場合には,法律上,被害者の近親者も精神的苦痛に対する賠償金を加害者に対し,請求することができるとされています。

また,重度後遺障害が被害者に残る場合であっても,裁判上は,被害者の近親者であっても,死亡に匹敵する精神的苦痛を被っているとして,慰謝料が認められることがあります。

6 弁護士法人心は,介護が必要となる重度の後遺障害にも対応

弁護士法人心では,所属するそれぞれの弁護士が得意分野をもって活動しています。

特に,交通事故については,損害保険料率算出機構という後遺障害の認定組織に所属していた経験のあるスタッフも所属していますし,顧問医もおりますので,介護が必要となる重度の後遺障害にも自信をもって対応しています。

7 重度後遺障害の交通事故に関する法律相談は,弁護士法人心へ

弁護士費用特約が附帯されている方は,弁護士費用特約をご利用されることにより,多くの場合,自己負担なく交通事故を得意としている弁護士への法律相談を受けることができます。

また,弁護士費用特約が附帯されてない方であっても,交通事故の被害事故に関するご相談は,原則として何度でも無料で弁護士が対応しております。

重度後遺障害の交通事故被害にお悩みの方は,弁護士法人心 池袋法律事務所までぜひ一度ご相談ください。

ページ上部へ